NOTE:ビルケンシュトックの贈りもの

今日は父親の誕生日です。

父親への誕生日プレゼントって、気づくと毎年同じようなものになりがち。シャツ、くつした、パンツ(パンツ→じゃなくて、パンツ↘のほう)……。今年はちょっと違うものにしたくって、これ、ビルケンシュトックのサンダルにしました。

父親にとっては生まれてはじめてのビルケンシュトック。娘のわたしは、もう何年も愛用しています。もっている靴の半分以上はビルケンシュトックかも。安定感と解放感のある履き心地がよくて、夏も冬も、仕事も旅も、いっつもです。いちばん長く履いているのは、もう何度か修理しました。そう、専門の職人さんに修理してもらうことで、ずっと履きつづけられるところもいいんです。200年以上の歴史を誇るドイツのシューマイスターの仕事は、やっぱりすごい。

ちなみに、ビルケンシュトックを買うなら台湾がおすすめ。正規のショップでも日本の60%くらいのプライスで買えますよ。日本では手に入らない台湾限定カラーもあって、明るい茶色の「ロンドン」はコーディネイトしやすい優等生です。

大好きなビルケンシュトックを、父親にも味わってもらおうと思います。犬の散歩や盆栽いじりにぴったり。ちなみに、妹からのプレゼントは万歩計だそう。事前に相談していたわけではないのに、なんだかリンクしていてびっくり。これは、父親には毎日たくさん歩いてもらうしかないですね。手づくりのタグを結んで、贈ります。

IMG_3847.jpg

AYA NAGAOKA
関連記事
スポンサーサイト