WORKSHOP:ワークショップ@CLASKAのリポート

ワークショップのリポートです。

5月11日の日曜日、東京・学芸大学のCLASKAにて行われた「箱庭・モノコト博覧会」にてワークショップをさせていただきました。ピエ・ブックスさんのブースにて、新刊『フランス、かわいい紙めぐり』にちなんだブローチをつくりました。

ミニチュアの額縁にフランスの古い紙をセットしてつくるのですが、今回はいろんな種類のヴィンテージ・ペーパーをご用意しました。パリやリヨン、プロヴァンスの蚤の市で見つけた、活版印刷の小説、楽譜、科学や物理の教科書、ファッション雑誌などなど。動物のイラストを選んだ方、物理の図解をピックアプされた方など、紙の選び方がそれぞれに個性的で、いろんなブローチができあがりました。

「箱庭・モノコト博覧会」は、とにかくものすごい盛り上がり。会場の飾りつけもかわいくって、たくさんのひとでにぎわっていました。わたしは、素敵な壁紙に出会えたのがうれしかったな。これからのものづくりに役立てたいと思います。

IMG_6805.jpg

AYA NAGAOKA
関連記事
スポンサーサイト