スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOOK:『マスキングテープ・ブック』(共著)

cover9_mkt.jpg

この本は、その名のとおり1冊まるごとマスキングテープづくし。日常使いのアイデア、矢崎順子さんによる組み合わせ術、そして10人のクリエイターさんによるマスキングテープを使ったハンドメイドが掲載されています。クリエイターのひとりとして、わたしもひとつ作品をつくりました。マスキングテープを花びらのかたちに切って、ビオラを描くというものです。

マスキングテープって、生活必需品ではないですよね。でも、手紙の封にしたり、ペーパーバッグにぺたりと貼ったり、クリアフォルダの目印にしたり、ジャムのびんのラベルにしたりと、使えるシーンはいろいろ。どれもこれも、毎日をほんのちょっと明るく楽しいものにするアデイア。マスキングテープって、そういう心遣いのある暮らしをするためのツールなのかも。

カラフルなマスキングテープ。わたしも数えきれないほど集めています。ありとあらゆる絵柄がありますが、いちばんよく使うのはブラウンの無地だったりします。お洋服と同じで、どんなものともコーディネイトしやすいものが結局は重宝するよう。個人的には、表面に和紙のざらざらした質感が残ったままのマスキングテープがいつか実現することを秘かに期待しています。

Title: MASKING TAPE BOOK
Publisher: Editions de Paris
Pub Date: Sep. 2012

▼ amazonの掲載ページはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4573023224/

AYA NAGAOKA
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。