NOTE:秋、深く

柿をいただきました。

この実、「かき」でも「カキ」でもなく「柿」な風情。朝晩の冷えこみに、「秋をとおりこして冬になっちゃったんじゃないの!?」なんて話していたのは、数日前。そんな前のめりなことをいわないで、いちばん好きな季節をちゃんと見つめなくちゃ。目でも舌でもこころでも、もう少し秋を味わいたいと思います。それにしても、この柿の実をつけた木の枝には、ときどき烏がとまって「カァ」と鳴くのだろうな。

IMG_1854.jpg

AYA NAGAOKA
関連記事
スポンサーサイト